クラブ活動計画
2017〜2018年度

トップページ

入会のご案内

苫小牧東ロータリークラブ 入会のご案内

 ロータリーの仲間とともに親睦を通して、奉仕の心を学び実践する苫小牧東ロータリークラブの活動に、ご理解ご賛同いただける方の入会を歓迎いたします。

新しく会員になるには

 男女問わず成人なら誰でも入会できます。
 新会員の入会には、従来は職業分類上1業種1名でありましたが、2001年の改訂でこの規定は削除されました。その後、1週間全員に公示され、特に異論がなければ理事会の承認後入会となります。

例会出席義務と「メイクアップ」制度

 ロータリーは地域の職業のトップにいる方々の集まりですから、多忙は当然です。それ故に、週に1度1時間、自分のための時間を持つことが大切と言えるでしょう。ロータリークラブでは、例会への週に1度の例会に出席する義務がありますが、もし例会に出席出来なくても、他クラブの例会への出席で、それを補填する「メイクアップ」制度があり、世界中のどのロータリークラブの例会にも参加できる権利が各ロータリアンに認められています。
 私達と一緒にロータリーボランティア致しませんか。

苫小牧東ロータリークラブ 会員増強委員長 小幡 直樹

会員の声

鈴 木 幸 忠 会員(平成27年度入会)

 

 私は、今年(平成27年)1月に苫小牧東ロータリークラブに入会しました。入会して半年ほど経ちましたが、最初のうちは先輩会員の方々の名前と顔を覚えるので精一杯の状況でした。それでも皆さん、温かく声をかけてくださったり、居心地の良い空気を作っていただいたりしているので、楽しくロータリー生活を過ごしています。
 入会前は、お酒を飲むにしてもゴルフをするにしても同業者とすることがほとんどだったのですが、ロータリークラブでは異業種の方々、しかも企業や団体のトップの方々、更には年齢も様々な方々との交流なので、色々な刺激を日々頂いています。
 また、私は、事務所を開設して18年ほどになるのですが、そろそろ社会や地域に何らかの貢献(還元)をしなければいけないなと考えていた時期にロータリークラブに入会出来たのも良かったと思います。ロータリークラブの理念や活動内容を知るにしたがって、その思いは確信へとなりつつあります。
 入会して半年、まだまだ判らないことだらけの「半人前」ロータリアンですが、先輩の背中を追いかけながら、いつの日か「一人前」と言われるよう毎日を過ごしたいと考えています。

藤 森 善 子 会員(平成22年入会)

 

 私は、2010年4月に社長に就任し、6月に苫小牧東ロータリークラブに入会しました。
 早いものでもう5年が経ちました。
 ロータリーでは、四つのテスト(言行はこれに照らしてから)
  1.真実かどうか
  2.みんなに公平か
  3.好意と友情を深めるか
  4.みんなのためになるか どうか
 と言うものがあります。
 初めにこれを知った時、心に深く感銘を受け、社長室に飾り、毎日眺め、会社を経営をしていくうえでも、ぶれない心を維持していくうえで、とても助けられております。
 ロータリーは、例会以外にも年間多くの活動があります。
 苫小牧東ロータリークラブでも、 国際・社会・青少年・職業と様々な分野で奉仕活動をしますが、3年程たったとき、積極的に参加する方が、楽しく経験出来るのではないかと考え、グアムでのクリスマスドロップ作戦に参加しました。
 ロータリーとは、世界中に私が繋がっていると言う感覚を体験しとてもワクワクしました。知っているだけと、体験する・行動するのでは、感動の大きさがこんなに違うものかと思ったのです。
 苫小牧東ロータリークラブは、夜例会も月1回あり、なぜか夜の方が出席率良いみたいで、美味しく楽しいお酒を飲みかわし、まさに職業・年齢・性別の垣根を越えた親睦を重ねて、信頼関係が続き、知らず知らずに日々成長出来る所ではないかと思います。